MATSUWAKA

ヒストリー

和泉の地にいち早く地場産業の礎を築いた松若貞蔵。 和泉の地にいち早く地場産業の礎を築いた松若貞蔵。

和泉の人造真珠は「泉州玉」と呼ばれる硝子玉の製造に始まります。明治初期、和泉国では硝子玉を使った神仏用の念珠、簾、かんざしがつくられ、その製品は大阪の天満から淀川上がりの川舟によって伏見の浜を経由、京都の仏具問屋に送られていました。こうした中、明治20年(1887年)、松若硝子真珠工業所の初代である松若貞蔵は、念珠玉、根掛玉、籠玉の製造に着手。明治28年、第3回勧業博覧会に色硝子玉(泉玉)を出品し、明治42年には関西製品共進会に玻瑠玉を出品。銀牌を受領しました。硝子玉の研究と製造に明け暮れる傍ら、販売にも力を注ぎ、「泉玉」を広く庶民生活に普及させた功績は見逃せません。初代、松若貞蔵は和泉市の地場産業となる硝子玉の礎を築いた開祖といえるでしょう。

初代 松若貞蔵

初代 松若貞蔵

明治42年、関西製品共進会に玻璃玉を出品、銀牌受領

明治42年、関西製品共進会に玻璃玉を出品、銀牌受領

人造真珠の製造を開始し、米国に向けて本格的に輸出。 人造真珠の製造を開始し、米国に向けて本格的に輸出。

大正時代に入ると、硝子玉に太刀魚の鱗を塗装する新しい方法が注目を集めました。進取の気風に富んでいた貞蔵は大正9年、他に先駆けて人造真珠の製造を開始。息子の堅造と協力して人造真珠の開発に努め、その一方で郡会議員として地域のために身を捧げました。こうした貞蔵の尽力を称え、村の有力者たちが発起人となって完成させた碑は、今なお本社近くに堂々と建っています。さて、大正10年には販路を海外に求めて本格的に輸出に乗り出します。日本独自の繊細な感性と技術力の高さをアピールすべく、桜の花にちなんで「Cherry Brand」の名称で輸出した松若の人造真珠アクセサリー。米国向け輸出は太平洋戦争による中断を挟んで1990年代初めまで続き、アメリカ人の間に広く浸透しました。

2代目 松若堅造

2代目 松若堅造

昭和29年、大阪国際見本市に出展、表彰を受く

昭和29年、大阪国際見本市に出展、表彰を受く

歴史と伝統を背景に、新たな時代にチャレンジ。 歴史と伝統を背景に、新たな時代にチャレンジ。

終戦と同時に事業を再開した2代目堅造は昭和25年、「株式会社松若硝子真珠工業所」に改組。大阪国際見本市を皮切りに、ニューヨーク、フランクフルト、香港で開催されたアクセサリー展示会へ出展し、3代目久夫の時代になると、日本の発展を支えた輸出貢献企業に認定されます。また、大阪府の産業功労者表彰をはじめ、監綬褒章、従六位勲五等瑞宝章の受章が物語るように、産業振興と地域発展に大きく貢献。昭和60年に創業100周年の節目を迎えた後、4代目正己へ襷が渡されました。そして平成24年、5代目である松若陽平が事業を継承。ファッションが多様化する現代に温故知新の姿勢で臨み、和泉が誇る伝統の技を広く世界に発信しようと新たなスタートを切りました。信頼の品質を国内の隅々まで、そして世界中の国々へ。松若硝子真珠工業所のチャレンジは未来へと続きます。

3代目 松若久夫

3代目 松若久夫

4代目 松若正己

4代目 松若正己

大正期に海を渡ったブランドが世紀を超えてよみがえる。
大正期に海を渡ったブランドが世紀を超えてよみがえる。 「Cherry Brand」とは、大正10年、松若が初めて米国向け輸出を開始するにあたって立ち上げたブランド名です。輸出がまだ一般的ではなく、現在の国際社会をだれも予想しなかった大正時代。まずは日本という国を知ってもらおう、毎年春になると満開の桜が咲き誇る日本を表現しようと、「Cherry」の名を携えて異国の地を踏んだのです。彩り豊かな「Cherry Brand」はグラマラスなアメリカ人女性によく似合い、日本独特の精巧な技術が徐々に認められ、広がっていきました。海外輸出は戦時下を除いて1993年まで続きましたが、その後は残念ながら中断したまま。20年以上が足早に経過してしまいました。

かつてご愛用いただいたアメリカ人のお客様からこのたび、「わが家でCherry Brandを大切に保存している」「Cherry Brandをぜひ復活させてほしい」といううれしいお言葉を頂戴しました。当社が国内事業に専念している間に、米国では「Cherry Brand」が一人歩きし、デッドストックが販売されるなど静かなブームになっているらしいのです。こうした後押しもあって、社内や職人の間に「Cherry Brandをもう一度」という機運が高まり、現在、輸出再開に向けて着々と準備中です。ヒト、モノ、コトが国境を超えて活発に交流するグローバル時代に、世紀をまたいでよみがえる「Cherry Brand」。樹齢数百年の桜の木が春になると必ずきれいな花を咲かせるように、私たちも再び海外で「Cherry Brand」を展開し、一人でも多くの皆様に愛され、称えられる花を咲かせたいと願っています。
page_top