MATSUWAKA
MATSUWAKA
MENU

松若の貝パール

松若の貝パール

本真珠の母貝として使われるイケチョウ貝が材料。 本真珠の母貝として使われるイケチョウ貝が材料

松若の貝パールは池や湖など淡水に棲息するイケチョウ貝(池蝶貝)を材料としています。充分な厚みがあって色もきれいなイケチョウ貝は貝パールの原玉に適し、天然素材のなめらかでナチュラルな質感が多くの女性たちに愛されています。ここ和泉では大正時代、太刀魚の鱗から抽出したパールエッセンスで乳白色の硝子玉をコーティングした人造真珠が生まれました。続いて、硝子玉の代わりに貝核を原玉とした人造真珠が登場し、和泉市の人造真珠は全国シェア80%以上を占めるに至っています。国内はもとより欧米など海外にも広く輸出され、MADE IN JAPANの精緻を極めた品質が高く評価されています。

微妙な色合いを艶やかにコーティングする着色技術。
微妙な色合いを艶やかにコーティングする着色技術。

松若硝子真珠工業所ではイケチョウ貝の貝殻をいくつかの段階に分けて慎重に裁断し、球状に成形した後、表面にさまざまな色をコーティングして光沢を生み出します。数ある工程の中でも特に高い技術を必要とするのが着色工程。まず、複数の原玉を1本のワイヤーに通して枠にセットし、塗料が隈なく行き渡るよう等間隔に広げます。塗料を入れたバットにこれを浸してムラなく着色するというのが当社独自のやり方。仕上げには特注の真珠研磨装置を用い、肌を労わるようにやさしく磨くことで、くるくると表情を変える七色の輝きが生まれます。色彩のバリエーションは、ホワイト、グレー、ブルー、ピンク、オレンジなど、微妙な違いまで含めると100種類以上。貝核の色が塗料を通してほのかに浮かび上がり、その美しさに息を飲みます。コーティングからポリッシュまで一貫して手がける工房は国内では当社のみで、熟練職人たちの連携プレーが量産を可能にしています。

七色の輝きを放つ人造真珠の最高級品。
七色の輝きを放つ人造真珠の最高級品。

貝パールは、和泉の地で創業し、地域とともに歩んで来た松若硝子真珠工業所の主要製品です。見た目の美しさはいうまでもなく、お客様に末永く安心してご愛用いただけるよう、耐油性、耐汗性、防汚性にも配慮しております。七色に輝く人造真珠の最高級品、松若の貝パール。冠婚葬祭などのフォーマル用は清楚に格調高く、日常使いのカジュアル用は明るくフェミニンに。お客様のご希望とご予算に合わせてオーダーメイドいたします。

アクセサリーからアパレル、コスメまで展開。
アクセサリーからアパレル、コスメまで展開

パールといえば女性の胸もとを優雅に彩るネックレス。松若硝子真珠工業所では大きさや数、色、チェーンの長さなど、お客様のご要望をもとに、ビーズやチャーム、硝子玉といった多彩なパーツを自由自在にアレンジして、オンリーワンの製品をプロデュースします。また、クラスプ(留め具)にマグネットタイプを採用するなど、使いやすさを考慮した製品もご好評いただいています。ネックレスをはじめ、イヤリング、ピアス、タイピン、カフス、バレッタ、ヘアオーナメントなど、さまざまなファッションアクセサリーを幅広く網羅し、アパレルやコスメティックとのコラボレーションにも力を注いでおります。

登録商標(登録第5948538号)
弊社製品の貝パールにつきまして商標登録を取得いたしました。 弊社製品の貝パールにつきまして商標登録を取得いたしました。
弊社製造の製品に付きまして日本製でありますので、弊社製品をご愛用下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
松若の貝パールはブランド価値の高い「純正国産製品」です。
松若の貝パールはブランド価値の高い「純正国産製品」です。 日本ファッション産業協議会が日本製のブランド価値向上と輸出促進を目的に計画している国産表示制度「J∞QUALITY認定事業」。これは日本製の素材を日本で染色整理、縫製した製品を対象とし、これまでは最終1工程を国内で行えば「日本製」と表示できましたが、新制度では3工程の国内実施を義務付け、より厳しい要件を打ち出しています。松若の貝パールは元来、成形、塗装、磨き、仕上げの全工程を国内で行っており、紛れもない純正国産製品です。申請時に審査される「ものづくりへの情熱」「精緻な仕上げ」はいうまでもなく、MADE IN JAPANならではの品質と価値を胸を張ってお届けしています。
page_top